クラビット500

クラビット500/治療の守備範囲が広い万能薬です

クラビット500効果

クラビット500は、ニューキノロン系合成抗菌剤で、感染時に細菌などのDNAの繁殖を防ぎ、殺菌的に作用する医療薬なんです。

 

クラビット500は、広い範囲の感染症の治療に使用されており、細菌の他にもクラミジアという微生物にも有効なためクラミジア治療にも用いられます。

 

クラミジアは性病(STD)の一種で、日本で一番感染者が多いSTDです。クラミジアには以下の特徴があります。

 

男女共に尿道の違和感、放尿時の違和感、痛み、女性はおりものが出やすく、クラミジア自体は自覚症状がでない場合が多いんです。

 

クラミジアは治療しないと「不妊症」の原因になる場合があります。

 

 

クラミジアが悪化すると、免疫力が低下し他の性感染症の感染リスクが高まると言われています。

 

また、クラビット500は成分であるレボフロキサシンが、ニキビの原因のアクネ菌の殺菌・抗菌効果があるため、ニキビの増殖を阻止してニキビ治療にも効果を発揮するんです。

 

さらに、皮膚感染症、呼吸器感染症、泌尿器感染症、婦人科感染症、眼科感染症、耳鼻科感染症、歯科感染症など広い範囲の感染症の治療に使用されます。

 

クラビット500は、まさに「万能薬」という表現が一番合う抗生剤といえますね。

 

例えば、不幸にしてクラミジアに感染してしまった場合は、クラビット500を男女ともに1日〜1週間服用します。

 

マクロライド系薬剤のジスロマックなどもありますが、大人の場合、クラビット500の方が素早い効き目があるようです。

 

副作用もいくつか報告されていますが、命に関わるような重大な副作用の可能性は極めて低いお薬といえます。

 

クラミジアの感染に治療効果の高いクラビットジェネリックをもっと知りたい方はこちらをご覧ください

クラビット500通販

クラビット500ジェネリックはインドの「シプラ社」と言う会社で製造されています。

 

クラビット500は日本の第一三共株式会社が製造・販売していますが、金額的にメリットがあるジェネリック薬を購入しようとすると、インターネット通販で手に入れる方法になります。

 

海外からお薬を輸入する場合は「個人輸入」という方法をとるんですが、自分で書類の手続きなどをすることは非常に煩雑なことから、ネット上のサイトから「個人輸入代行業者」を代理として購入するのが一般的です。

 

ここで、「個人輸入代行業者」のすべてが良心的で「正規品」をしっかり扱っていれば、何の問題もないんですが、例えばインターネット上に出回っているed治療薬の55.4%は偽造品(ニセモノ)であり、購入した人の87.7%は自分が購入したお薬は本物だと思っているという調査結果があるんです。

 

 

クラビット500を最も安全に手に入れる方法は、病院を受診して、医師に処方箋を書いてもらい、薬局から購入することです。

 

ネット上から購入する際に気を付けなければならない点がいくつかあります。

 

まず、極端に安い金額を提示している業者は疑ってかかった方が良いでしょう。

 

いくら製造コストがかからないジェネリックとは言っても、研究開発費や人件費などの最低限のコストがかかるわけですから、驚くような低い価格設定は出来ないんですね。

 

さらに、しっかりした会社組織であるかどうかも「悪徳業者」を見極めるひとつの目安になります。

 

たとえば、NTTのタウンページ検索(http://itp.ne.jp/)でヒットしないような会社は怪しいと思って間違いないと思います。

 

さらに、クレジットカードが使えない会社なども要注意ですね。

 

念のため、ここのサイトで紹介している業者については、「正規品」のみの扱いなので、安心して購入できます。

 

物が薬だけに、劣悪で不衛生な環境で製造される「ニセモノ」を飲んで、予期しない副作用に襲われるのが一番怖いことです。

 

クラビットジェネリックの通信販売の事を理解された方はこちらを参考にして下さい

クラビット500ジェネリック

クラビット500ジェネリックは、インドのシプラ社という医薬品製造会社で作られています。

 

医薬品、特にジェネリック薬品はインド製の物が圧倒的に多いんです。

 

なぜかというと、通常薬はその薬の特許がきれてから、初めてジェネリックを作る事が許されるんでですが、インドではこの医薬品の特許に関する法律が他の国と全く違うんですね。

 

それが原因で、特許が切れていない薬でも合法的にジェネリックを作ることができるのです。

 

2005年まで、インド国内の特許法では医薬品は特許として認められていなかったので、インド国内では新薬が出ると合法的にジェネリック医薬品を作る事が許され、堂々と海外に輸出をすることが出来ました。

 

インドのジェネリック医薬品は、インド国民が手軽に購入できるように、値段が安く高品質で安全性も非常に高かったんです。

 

国境なき医師団などが利用する薬の8割は、このインドのジェネリック医薬品で、支えられているのが現状でした。

 

高い新薬を使用できる経済的余裕は国境なき医師団にはなく、インドのジェネリック医薬品なしに医療行為をすることは困難だったんです。

 

また、アフリカなどの発展途上国では、エイズ(HIV)の問題が大きく、このエイズ治療薬のほとんどがインドのジェネリック医薬品で支えられているんですね。

 

そんなインドでも2005年に医薬品の特許を認める法律がつくられました。

 

ですが、2005年度よりも前の時点の後発薬品製造業者が、引き続きジェネリック医薬品を作る事を認めており、また製薬会社にとってインドで特許を取る事は2005年以降もかなりの壁があり簡単には特許を認めてくれない状況なんですね。

 

インドでは、医薬品の特許を取得するためには、その医療品が誰でも使用できる適正な値段で販売されているかなどの厳格な基準があり、また関係団地との訴訟で勝たなければいけないという難しさがあるんです。

 

製薬会社が、新薬の特許をインドに申請してもの、ほとんどの場合、この訴訟で負けてしまうんです。

 

特に、NGO「国境なき医師団」からの反対は強烈で、それに地元の製薬会社の反対もあるので、現実的には堂々とジェネリック医薬品が作られているのがインドの現状です。

 

インド製の高品質でお安いクラビットジェネリックをもっと知りたい方はこちらを参考にして下さい


ホーム RSS購読 サイトマップ